浅野史郎のWEBサイト『夢らいん』

ジョギング日記 11月第3週分                

2006.11.18(土)

 大阪のニューオータニホテルで目覚めた朝。昨夜は、11時過ぎにホテル入りして、睡眠が十分でない。朝も、7時にはホテルを出なくてはならない。ということで、今回も、大阪城へのジョギングは断念した。

 朝の用務は、読売テレビの「ウエークアップ」への出演。舛添要一参議院議員、藤村修衆議院議員、倉田真由美さんとご一緒。司会の辛坊さんの声の調子がよくない。でも、いいテンポの司会で、今回も面白かった。

 放送を終えて、第20回ニッセイ財団シンポジウム「高齢社会を共に生きる」−共に支え合う地域コミュニティづくり―での記念講演と総合討論への出番。新潟県長岡市のこぶし園総合施設長の小山剛さんの話がとても参考になった。介護保険の在宅福祉は、一品ずつ料金加算の回転寿司方式、老人ホームでのサービスは食べ放題のバイキング方式とか、老人ホーム入所待機者というのはいない、あるのは「在宅介護困難者」だけとか。今度使ってやろうという表現も含め、実に示唆に富んでいた。


2006.11.17(金)

 東京でいろいろ日程の立て込んだ日であった。日本フィランソロピー協会で取材。蒲田で「ひとにやさしいまちづくりを進める大田区民の会」で講演、渋谷で「ヤマト福祉財団ニュース」新年号の鼎談と続いた。ヤマト福祉財団は、ヤマト運輸の小倉昌男前社長の哲学が生きている素晴らしい活動をしている。教えられるところ大であった。

 夕食会まで終えてから、新幹線で東京から大阪に向う。


2006.11.16(木)

 熊本市の日航ホテルを6時45分に出発。熊本泊の時には、いつも走るコースに足を向ける。熊本城のお堀を回って、上熊本駅、崇城大学方面へ。坂らしい坂のない、信号も少ない走り易いコースである。10キロ走は、10月9日(月)の14キロ走以来の二桁走である。体調十分、いいコースでの二桁走は、気持ちがいい。

 羽田に戻ってきて、横浜での「かながわ福祉サービス振興会」10周年記念講演。久しぶりに、松沢成文神奈川県知事にお会いした。ここに辿り着くまでが、一苦労。前日、羽田から熊本にでかける時に、空港のコインロッカーに荷物を預けた。今日、羽田に戻って気がついたのだが、行きは全日空、帰りは日本航空だったために、使用するターミナルが違う。ターミナル間を結ぶ連絡バスに乗って、コインロッカーの荷物を取り出す羽目になってしまった。こういうのも、失敗の一つに数えるのだろう。知事辞任以来、こういう失敗は5,6回やっている。


2006.11.15(水)

 時間がないので、走るかどうか迷ったが、2キロだけ走った。汗をかくまでに至らないほどの距離だが、全然走らないのよりはいい。

 慶應大学SFCの福祉ゼミの授業、今日は、キャンパスから1,2キロの光友会の見学。身体障害者療護施設に加えて、通所型の施設を多く持つ、29年の歴史を重ねた法人である。短い時間で、多種多様な施設を見学することになり、学生は少し混乱気味だったかもしれない。

 夕刻は、熊本県庁で幹部職員に対する研修講師を務める。知事と職員の微妙な関係ということまでしゃべったので、潮谷義子知事は不在で目の前にいない気楽さはあった。300人近くの職員の方々が熱心に耳を傾けてくださっていたので、話していても気持ちがいい。

 夜は、スペシャル・オリンピックス日本・熊本の方々と事務所での持ち寄りパーティで懇親。ナショナルゲーム夏季熊本大会を終えたばかりの感慨を、こもごもお話いただいた。スペシャル・オリンピックスに関わって良かったという感動の声の連続である。

 木村良樹和歌山県知事逮捕という事態になり、私のところにも、取材が相次いだ。気の重い取材であるが、こういった事態を引き起こす根源はどこにあるのかについては、きっちりと話しておく必要があるとは感じる。


2006.11.14(火)

 早朝から、TBSテレビの「朝ズバ」出演。5時半から8時半まで。家を出るのは、4時半前である。一日が長い。司会のみのもんたさんの配慮もあって、適度に発言機会は与えてもらえるし、同席のコメンテーターの岸井さんとの呼吸も合っているので、あっという間に時間が過ぎる。

 慶應大学SFCの地方自治の授業は、ゲストに岐阜県山県市議会議員の寺町知正さんを迎えて、岐阜県庁の裏金問題を語ってもらった。「組織における危機管理」のゼミでは、公認会計士の大久保和孝さんにおいでいただいて、コンプライアンス、CSR、リスクマネジメントの最新情報を伝えてもらった。

 夜は、霞が関ビルで「林雄二郎先生の卆寿を祝う会」に出席。林さんとは、日本フィランソロピー協会の私の前任会長のご縁である。パーティーの前に、林さんの講演が1時間あった。90歳で1時間の講演をこなすことに、驚くと同時に感激してしまう。あんなふうに年を取れたらという理想の姿である。帰り道、ほぼ1年ぶりに新橋の「ツービート」に寄ってみた。30年も通っている店は、他にない。


2006.11.12(日)

 横浜での朝。少し遅かったが、6時50分ぐらいから走り始めた。昨日と同じコース。追い風もあり、18分で折り返した地点は昨日よりは先に行けた。復路は向かい風であり、それもあって、31秒多くかかって戻ってきた。風の中で落ち葉が舞う季節である。プラタナスの枯葉舞う初秋のラン。

 昨日半分書きかけていた原稿をなんとか仕上げた。仕上げた直後に関西のテレビ局がやってきての取材。「内容はともかく、締め切りには間に合った」というのが正直なところだが、編集者のほうでは、「内容はともかく」といかないのが気がかり。

 午後からは、横浜情報文化センターにて「これでいいのか介護保険―介護保険制度見直しと障害者自立支援法」というフォーラムで基調講演。主催は、ネットワーク横浜。熱心な聴衆で話しやすかった。横浜中華街でメンバーと会食をして仙台へ。

 福島県知事選挙など、大事な選挙の投票日である。福島県知事選挙の結果は佐藤雄平氏の当選であった。


以前のジョギング日記はこちらから



TOP][NEWS][日記][メルマガ][記事][連載][プロフィール][著作][夢ネットワーク][リンク

(c)浅野史郎・夢ネットワーク mailto:yumenet@asanoshiro.org
6