浅野史郎のWEBサイト『夢らいん』

ジョギング日記 4月第3週分

2007.4.21(土)

ほぼ一日、仙台の自宅で雑用の整理などで過ごす。途中で、楽天対ロッテの試合をテレビ観戦。拙守もあり、楽天が逆転負け。昨年のようなボロ負けは少ないし、ここまでの成績も悪くはないのだが、「やっぱり・・・」という思いが拭えない試合ぶりではある。

 夜も、特に何するでなく過ごしてしまう。こういうのも、たまにはいいかといった、のんびりの一日である。


2007.4.18(水)

 SFCにて、1時限の「未来構想ワークショップ」、2時限の「知事像の解剖」のゼミ。その後は、「中央公論」のインタビュー。都知事選挙を振り返るというもの。昨日のSFCでの授業とはまた違って形で、冷静になって考える機会になった。

 先週の土曜日に仙台を出て、久しぶりの仙台帰還である。桜がまだ美しさを保っている。


2007.4.17(火)

 TBSテレビの「朝ズバ」に出演してから、慶應大学SFCでの授業二コマ。3時限の「政策協働論」は、先週の第一回授業ほどの出席学生数ではなくて、285名定員の教室で数人が通路に坐っている程度であった。このほうが、席が前のほうから埋まっていくことになるのでいいかなとも思う。そんな中で、前のほうに坐っている学生が、授業中に居眠りしてしまうのは、どうしたものだろう。今日の授業は、都知事選挙での浅野候補の敗因を分析するという部分も含めて、選挙についてのものであった。4時限の福祉ゼミでは、ゲストスピーカーを迎えての授業。学生にとって、それなりに得るものがあっただろうと思いたい。  


2007.4.16(月)

 白楽駅から東白楽駅を経て国道1号線(多分)沿いに大口商店街、新子安方面へ片道5キロコース。信号につかまることがほとんどないコースで、人通りも少ない。選挙後初めての10キロ走。ゆっくりめに走っているので、気持ちがいい。筋肉の衰えのようなものを感じるが、5,6回走れば回復するぐらいのものだろう。そもそも「衰え」をうんぬんするほど筋力があったわけではない。10キロ走り終えて、疲れもない。あるのは、快い達成感のみ。


2007.4.15(日)

 横浜の家に一人で泊まった朝。長い距離を走るつもりだったが、いろいろあって走れず。テレビ朝日の「サンデー・スクランブル」に出演のため、10:45局入り。東国原知事の話題での出演と思っていたら、テリー伊藤さんの石原都知事とのインタビューを受けてのコメントもあった。三重県での震度5強の地震の速報があって、コメント時間は大幅に短縮。「169万票を投じてくださった方々の期待に応えられずに申し訳ない」ということを言う時間がなくなってしまったのは、ちょっと残念。こうやってテレビ出演をさせていただくのは、いずれにしても、ありがたいことである。

 昼からは、八重洲ブックセンターで、慶應大学SFCの福祉ゼミの学生に読ませるための本を購入。こうやって本屋に来るのも久しぶりである。ゆったりした時間が流れていく。こういう生活も捨てがたい。行き帰りの電車を待つプラットフォームで、「浅野さんですね、今回は残念でしたね」と声を掛ける人が2,3人。電車の中でも、なんとなく視線を感じる。こういうのにも、今に慣れるだろう。


過去のジョギング日記はこちらから



TOP][NEWS][日記][メルマガ][記事][連載][プロフィール][著作][夢ネットワーク][リンク

(c)浅野史郎・夢ネットワーク mailto:yumenet@asanoshiro.org