浅野史郎のWEBサイト『夢らいん』

ジョギング日記 8月第5週

2007.8.31(金)

 なんと、8月も今日で最後である。暑い熱い8月であった。今日あたりは、だいぶ涼しくなったが、記憶に残る夏になるのか、これが当たり前の地球温暖化なのか。昨日、 今日と、朝早い日程で走れない。20日間で149キロというのが、今月の走行距離である。先月20キロ以上を4回も走ったのに、今月はゼロ。この暑さでは仕方がない。

 TBSテレビの「朝ズバ」出演で、4:30発。昨日はラジオで今日はテレビ。厚生労働省の前九州厚生局長の公務員倫理規定違反が疑われるケースの紹介から始まった。年金記録問題などで、社会保険庁、厚生労働省の仕事ぶりが大きな論議の的になっている時期に、こういったケースが出ることは、まことに残念である。

 そして、今日も懲りずに朝青龍問題。「懲りずに」の主語をあえて書かないが、大フィーバーの報道ぶりも、もういい加減にすべき時期だろう。一言もものを言わない、今回の騒動の主人公に振り回されっぱなしの8月一ヶ月であった。

 久しぶりに戻った仙台は、雨降りで涼しい。最高気温が20度ちょっとというところ。あれだけ暑さに参っていたのだが、ここまで涼しくなると、ちょっぴり寂しさを感じる。でも、身体はとても楽である。


2007.8.30(木)

 TBSラジオの「生島ヒロシのお早う一直線」に出演。横浜の家を4:45発である。TBS9階の第8スタジオ。なつかしの我が家に戻ってきたような気持ちになる。コミュニケーションの手段としては、テレビよりラジオのほうが数段上である。服装や表情に気を遣う必要がないぶん、本音トークができる。なにしろ、生島さんとは名コンビである。打ち合わせゼロでも、次ぎ次に話題が浮かんでくる。番組が終わって、8時半からの「ゆゆうワイド」の大沢悠里さんとも久しぶりに声を交わした。

 午後からは、取材が一つと夕方の会合。取材は、東京新聞からで、増田寛也総務大臣の誕生についての期待と懸念について。安倍政権の中の数少ないヒット閣僚である。任期はそう長くはならないかもしれないが、なんとか地方分権への道筋をつけてもらいたい。これが、「地方側」の切なる期待である。


2007.8.29(水)

 昨日と比べて、少し涼しい朝。涼しかったら、走りがどれだけ違うのか確認したくて、昨日と同じコースを走ってみた。往路は、昨日24分でたどり着いたJR小机駅に50秒早く到着。しかし、復路はやはりきつかった。結局は、昨日と同じような走りで8キロ完了。

 午後からは、慶応大学SFCでの会議のため、キャンパスへ。休み中なので、学生の姿はほとんどない。こういうキャンパス風景も、それなりに印象深い。

 朝青龍がモンゴルに帰国。マスコミ上げての取材フィーバー。ほぼ1ヶ月続いた「騒動」も、この辺で収束に向かうのだろう。世の中には、もっともっと大事な問題があるのだから、こういった「騒動」もいい加減、この辺で卒業するのもいいことだろう。


2007.8.28(火)

 今日も暑い。朝、走り始めは涼しさへの期待もあったが、太陽ギラギラで気温の上昇が早い。そんな中で、新横浜方面へ走り出して、JR小机駅まで4キロ行ったところで反転。このコースは生まれて初めてである。未知のコースは、それだけで刺激になるが、いかんせん暑さでこれ以上走る気になれない。ちょっと前までは、このぐらいの暑さの中で20キロ以上平気で走っていたのだが・・・。


2007.8.27(月)

 今朝も暑い中での走り。妻には、「あまり長い距離走ってはダメよ」と念を押されての出発だが、この暑さでは、頼まれても長い距離は走りたくない。身体が重い。「体重減らそう」としばらく前に決意したが、なかなか「喰い」改められない。「飲み」改めるのもむずかしい。むしろ、体重は増えているのではないか。地球温暖化対策の京都議定書により、二酸化炭素排出量を1990年レベルから2008−2012の間に日本は6%削減するという目標を達成しなければならないのに、むしろ8%増えているというのに似ている。3キロ減らそうというのが、逆に3キロ増えてしまったら、えらいことである。とてもレースを走れる身体ではなくなってしまう。心しよう。

 夕方には、安倍改造内閣のメンバーが出揃った。増田寛也さんの総務大臣が目を引く。これはヒット。舛添厚生労働大臣、与謝野官房長官もヒットだと思う。高村防衛大臣も、今の時期、彼しかいないだろう。こうやってメンバーを眺めてみると、仕事が出来そうだし、一部の例外もあるが、安定感抜群である。この内閣が半年以上続けば、支持率は持ち直すはずだが、そこまでに山あり谷ありをどう乗り切るか。

 昼間暑いのは相変わらずだが、夜は涼しい風が吹くようになった。季節は、確実に移りつつある。朝の来ない夜はなかったように、秋の来ない夏はない。


2007年8月26日(日)

 横浜での朝。少し涼しいかなと感じたので、白楽から東横線沿線コース、妙蓮寺、菊名方面でもう一キロ足を伸ばした8キロ走ったが、復路から日が出てきてしまった。汗を一杯かいたが、暑さの中の走りにも慣れてしまったのか、疲れはあまりない。  


過去のジョギング日記はこちらから



TOP][NEWS][日記][メルマガ][記事][連載][プロフィール][著作][夢ネットワーク][リンク

(c)浅野史郎・夢ネットワーク mailto:yumenet@asanoshiro.org