浅野史郎のWEBサイト『夢らいん』

ジョギング日記          

2016.8.25(木)

国立がんセンターでの受診

 血液内科での月に1度の受診と退院後初の泌尿器科での受診のため、築地の国立がんセンターへ。光子の付き添いつきだが、電車に乗るのは25日ぶり、退院後初の遠出である。朝のラッシュ時、駅も電車内も人が一杯。慣れないので、とまどってしまう。

 血液内科稲本先生のところでは、血液検査の結果はすべて正常、診察でも異常なし。毎回のことではあるが、これはこれで安心する。

 次の泌尿器科原先生のところでは、手術後の生検の結果を教えてもらった。前立腺のがんは、右側からだけみつかり、他への広がりはなし。20あるリンパ節にもがん細胞はなし。その他、考えられる最もいい結果であることを教えていただいて、光子ともどもほっとしたところである。原先生もおっしゃるように、あとは尿漏れ対策に励むのみ。これも時間が解決するが、骨盤体操を真面目に続ければ、回復は早まるとのこと。次回受診の10月27日には、「先生、回復しました」と報告できるといいのだが。  


2016.8.24(水)

小池都知事の活躍

 月末なのに、まだまだ蒸し暑い日が続く。朝、涼しいうちに散歩で外に出る以外は、終日、冷房の効いた部屋で過ごしている身には、暑さはそれほど感じない。

 リオオリンピックの閉会式でのフラッグハンドオーバー・セレモニーを華やかに終えて、小池百合子東京都知事は帰国した。3泊7日!のリオデジャネイロ訪問では、精力的に日程をこなし、十分な成果を挙げたこと、さすがである。閉会式での着物姿でのアピールなど、女性知事でよかったという気がする。お疲れ様でした。

 その疲れを癒やす間もなく、都政の重要課題に取り組まなければならない。東京オリンピックの経費節減、築地市場の豊洲移転などは、まったなしの課題である。早速、上山信一慶応大学教授ら5人の顧問による「都政改革本部」を動かして、改革に取り組む姿勢に期待したい。小池新知事の活躍を舛添前知事はどういう思いで見ているのだろうか。ちょっと気になる。


2016.8.22(月)

オリンピック閉幕、そしてトリプル台風

、そしてトリプル台風  リオオリンピックがやっと終わった。「やっと」というのは、これ以上続くと、こちらの精神に異常を来しそうだから。十分楽しみ、日本選手の活躍に十分興奮したのだから、この辺でもういいだろう、平常に戻ろうよという感覚である。

 開会前には大会をちゃんと運営できるのだろうかと、正直、懸念していた。結果的には、特に大きな失敗なしに運営できたのだから、ほっとしている。ブラジルの皆さん、変な心配をしてごめんなさい。Good job!でした。

 さて、4年後はTokyoで開催である。金メダルの数などより、世界の皆さんに楽しんでもらえるような大会運営をすることこそが金メダルに匹敵する。リオデジャネイロに負けないように。

 オリンピックが終わって、「オリンピック・ロス」という状態になる日本人は多いだろう。さらに「高校野球ロス」である。その空白を何が埋めるか。それは自分たちで考えること。

 オリンピック一色だったテレビ報道が、昨夜から台風情報一色になった。なにしろトリプル台風の接近なのだから、当然のことである。特に、NHKは精力的に、時間と労力をかけて報道していた。公共放送としての面目躍如である。

 報道の中で、「避難準備情報」が流されるが、これにどう対応したらいいのか、困惑してしまう。人的被害が発生する災害の可能性がある場合に、災害弱者(高齢者、障害者、子どもなど)を早期に避難させるために自治体が発令するものだが、一体どうやって、どこに避難させたらいいのか、さっぱりわからない。わからないこちらが悪いのだろうか。今回の台風被害については、我が家にじっとしているのが、一番安全であるということだけはよくわかる。


以前のジョギング日記はこちらから



TOP][NEWS][日記][メルマガ][記事][連載][プロフィール][著作][夢ネットワーク][リンク

(c)浅野史郎・夢ネットワーク mailto:yumenet@asanoshiro.org