浅野史郎のWEBサイト『夢らいん』

ジョギング日記          

2016.9.30(金)

2日間の出来事抜粋

 気が付くと、日記を数日間さぼっている。まず、昨日のことから。  テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」に出演。8時から9時55分まで。東京都議会での小池百合子都知事の所信表明演説についてのコメントだけかと思ったら、ずっと出ずっぱりでいろいろな話題にコメントすることになった。これはこれで、とても面白い。

 番組出演を終えて、そのまま築地のがんセンターへ移動。今日が月に1度の受診の日である。受診の時間をいつもより遅らせてもらった。今日の検査結果、所見も異常なし。来月の受診日は決まっているが、それ以後は月に1回から2月に1回の受診となる。すこしばかり、「出世」したような気になる。

 今日のこと。次回の授業のレジュメづくりに時間を使った。作業の合間に、理髪へ。髪は少なくても少しは伸びる。話し好きのおばさんは、今日は話を控えて、熱心に髪切り作業。大胆に短くしてくれたかなという印象。ありがとうございました。


2016.9.27(火)

アメリカ大統領選候補者討論会

 NHKBS1で、アメリカ大統領選挙ヒラリー・クリントン候補対ドナルド・トランプ候補の討論会を見た。全世界で1億人の視聴者の一人として。放送は最初の30分だけだったが、トランプ候補は普段よりは冷静だった。クリントン候補は落ち着いて対応していたが、時々、トランプ氏の発言を否定するのが目についた。黙って聞き流して、自分の考えだけを語ればいいのに。

 討論会での勝ち負け、インターネット上でのアンケートでは、トランプ氏6割以上というのもあったが、討論会直後の世論調査やレポーターの感想では、圧倒的にクリントン氏に軍配が上がった。確かにそうだな。だれかが、音声と字幕を消して画面を見れば、誰の勝ちかわかるだろうと言っていたが、そのとおり。トランプ氏は態度が良くなかった。こういうところで、勝ち負けが決まるのも、おそろしいところである。 

トランプ氏が大統領になることだけは絶対に阻止したいと思う私としては、今日の討論会は満足がいくものであった。あと2回の討論会でも、トランプ氏を追い込んで欲しい。


2016.9.26(月)

神戸で講演

 JAIFA近畿ブロックの研修会での講演を頼まれて、神戸まで行ってきた。新幹線で大阪方面に行く時の楽しみは、途中で車窓から富士山の雄姿を拝むことである。今日は行きも帰りも、雲がかかっていて本の一部しか見られなかった。そのかわりといってはおかしいが、途中浜松駅に臨時停車した。12号車に蛇が現れて、その駆除のために浜松駅で警察官が乗り込んだ。無事駆除が終わって、4分遅れで新幹線は再出発した。さすが日本の新幹線、新神戸駅には時間通りに到着した。

 こんなハプニングはあったが、講演は無事終了。2ヵ月ぶりの講演でやや不安だったが、なんとかやり切ることができた。せっかくだから神戸の街を散策でもしたかったが、日帰りの日程でそうもいかない。講演を終えると、そのまま新神戸駅から帰途についた。片道2時間半、往復で5時間。滞在2時間の神戸行きだった。


2016.9.25(日)

義母の永眠

 昨日、同居中の義母93歳の葬儀があった。ごく近親者だけ10人の家族葬である。義母は16日の朝、自宅で倒れた。受診していた横浜労災病院まで救急車で運ばれ、そのまま緊急入院。意識が戻らないまま、5日目の20日朝、息を引き取った。重症の脳梗塞であった。いろいろ身体上の不具合はあったが、直前まで93歳にしては元気で、頭もしっかりしていた。死に顔はとてもおだやか、今にも起きだしそうな感じだった。

 入院中からつきっきりで看病していた光子は、通夜、葬儀を通じてさらにがんばり、休む間がない。今も諸手続きで忙しい。何もできない私のめんどうも見てくれている。今はまだ気を張っているが、一息ついたらがっくり来るのではないかと心配である。母親をなくした悲しみと寂しさが、その時にやってくるのかもしれない。  今日までは聡子がいてくれたので助かったが、これからは二人きりの我が家となる。喪失感に襲われるのは、これからだろうか。


以前のジョギング日記はこちらから



TOP][NEWS][日記][メルマガ][記事][連載][プロフィール][著作][夢ネットワーク][リンク

(c)浅野史郎・夢ネットワーク mailto:yumenet@asanoshiro.org