浅野史郎のWEBサイト『夢らいん』

ジョギング日記          

2016.12.7(水)

小山内美智子さん神奈川大学ゼミに登場  

 神奈川大学の授業の日。障害福祉ゼミの2年生の部にゲスト出演の小山内美智子さんが、予定よりだいぶ早く教室に到着した。だから、4年生の部に入ってもらって、4年生のゼミの様子を見学してもらい、その後4年生のゼミ生と意見交換をちょっとの時間やってもらった。

 2年生のゼミには、4年生のゼミ生5人が特別参加。さらに、東大ゼミからも2人が特別参加。25人の熱気に包まれて、小山内美智子さんの講義が始まった。考えさせたり、笑わせたり、いつもながらの楽しいそしてためになる講演だった。学生のほうからも的確な質問が飛び出し、活発なゼミになった。

 ゼミの後、小山内さんと介助の長谷川さんと私で会食。小山内さんが「半年分笑ったよ」というほど、楽しい会食になった。小山内さんは明日、大手町の読売新聞社で読売文化賞の授賞式に出席する。受賞するのは「札幌いちご会」で、小山内さんが代表で受賞する。こういうイベントがあるので、その前日の今日、神奈川大学に来てもらったのである。

 小山内さんも私の対談相手として登場する私の本「輝くいのちの伴走者」の売れ行き好調ということをぶどう社の市毛さやかさんがメールで伝えてきた。昨日の「おはよう一直線」で本の紹介があったおかげらしい。


2016.12.6(火)

「おはよう一直線」出演の反響  

 朝5:45TBSラジオ「おはよう一直線」に電話出演。生島ヒロシさんから「輝くいのちの伴走者」(ぶどう社)についてインタビューを受ける。その話題の前に年金改革法案についても訊かれた。生島さんから相模原市津久井やまゆり園の事件について水を向けられたので、「神奈川県の施設建替え方針はまちがっている」と言っておいた。

 昼からは「ミヤネ屋」出演。新幹線から富士山の姿を見るのが毎回の楽しみなのだが、今日は、居眠りしているうちに新富士駅を過ぎてしまった。「バカタレ」と自分をののしりながら、ちょっとだけ落ち込んだ私。番組のほうは、韓国の国会が財閥トップらを証人喚問している話題が中心だった。両隣のコメンテーターは春香クリスティーンさんと岩田公雄さん。三人とも、コメントをする機会はあまりなかった。

 帰宅してメールを確認したら、横浜市で福祉施設の施設長をしている方から「生島さんの番組で津久井やまゆり園についての浅野の話が自分とまったく同じ」というメールが入っていた。朝早く聴いている人がいるんだ、私のコメントに同感している人がいるんだとうれしくなった。


2016.12.4(日)

カジノ法案の拙速審議  

 朝は昨日と同じだった。天気良し、体調良しで散歩もラジオ体操も快調である。おまけは、朝の空に浮かぶ雲が描く造形の美しさ。「見上げてごらん朝の雲を」と歌いたくなる。秋空に特有の鰯雲が師走の空に浮かんでいる。

  昼から、福岡マラソンをテレビ観戦。体調最悪の状態で「強行出場」した川内優輝選手を熱烈応援した。結果は、2時間9分11秒で日本人1位の3位。解説の瀬古利彦さんが「魂の走り」と絶賛していた。こんなレースを見られてよかった。

 12月2日、延長国会の衆議院内閣委員会で「統合型リゾート施設整備推進法案」が採決され、自民党、維新の会などの賛成多数で可決された。別名「カジノ解禁法案」というこの法案は、委員会で6時間の審議で可決された。会期末の国会に突然審議入りし、「爆速」の審議で委員会可決である。カジノ解禁といういかがわしい法案が、どさくさのうちに今国会で成立するかもしれない。

 なぜ現在の日本でカジノ解禁をしなければならないのか。ギャンブル依存症が560万人いるところに、さらにその数を増やすことになる。外国観光客がお金を落としていく、雇用が創出される一大観光事業で、経済を立て直す柱となり、自治体の財政改善にも寄与するとの触れ込みである。「カジノ景気」がいつまで続くのかの議論はさておき、カジノに頼って経済を立て直すという心根があさましい。日本はまだそんなに落ちぶれていないぞ。    


2016.12.3(土)

地元のコーヒーの店初見参  

 寒さに恐れをなして自粛していた朝の散歩、思い切って再開した。歩き出したら、身体が軽く感じられ足がどんどん前に行く。寒さも感じない。体調良し、天候良し、目に入る青空も木々の紅葉も良し。体調がいいので、岸根公園の730M周回コースを1分走り・1分歩きのシロー方式で走ってみた。いつもより良いタイムであった。ラジオ体操に参加するメンバーの人数も減っていない。半分以上が手袋したままの体操なのが目についた。やはり寒さ到来の師走である。

 昼は、「地元を知ろう」キャンペーンで、妻と六角橋商店街のアーケードふれあい通りのお店を探訪した。食事はとんかつの店、食後のコーヒーは「珈琲文明」。ここは「ゆったりチェロの流れるレトロなカフェ」で、いつか入ってみたいと思っていたが、「念願」かなって初めての入店。コーヒー2杯分がサイフォンでやってくる。天井の空の色が26分周期で変わる仕掛けも楽しめる。土日は満員のことが多いらしいが、今日はゆったりと楽しめた。

 そこそこ仕事もこなして、結構充実した土曜日であった


2016.12.2(金)

「ひるおび!」で再び小池ネタ  

 今日も「ひるおび!」出演の声がかかった。横浜の自宅から東京赤坂のTBSに向かう車が多摩川を渡るところから雪を冠った富士山が見えた。車窓から見る紅葉が陽の光を受けて一際美しい。この時期、生きているだけで幸せを感じる場面が多い。

 「ひるおび!」は伊藤惇夫さん、田崎史郎さんと一緒。待合室では、今回初出演の原普青山学院大学陸上競技部監督と言葉を交わした。神奈川大学の名刺を出しながら、「箱根駅伝では神奈川大学なんか目じゃないですよね」と箱根駅伝連覇の青山学院大学に敬意を表したつもり。神奈川大学だって、平成9年、10年と連覇したことは黙っていた。こんなやりとりもあって、原監督とは親しくなれた気がする。

 番組では、昨日の東京都議会での小池百合子都知事の所信表明演説について話題で私の出番。「政党復活予算の仕組みを終了とする」という箇所に絞っての構成だった。昨日に続いて言いたいことを言わしてもらった。初出演の原普さんもこの件についてはしっかりコメントしていた。      


2016.12.1(木)

「ひるおび!」にて 

 12月になった。師走だ。寒いわけだ。朝寒いので、このところ朝の散歩は中止している。少し寒さがゆるんだら再開する。

 TBSテレビ「ひるおび!」に出演。今日の都議会での所信表明演説の中で、小池都知事が都議会の復活予算枠200億円を廃止すると述べた。この話題に田崎史郎さん、佐々木信夫さんと並んでゲスト出演。私にとっては、たくさん言いたいことがある話題であり、ついつい口数が多くなった。「もらってはいけないお歳暮、贈ってはいけないお歳暮、そのお歳暮を今年からやめると小池さんが言ったら、突然やめるとはけしからんと都議会が怒っている図」と絵解きをした。こんなことで自民党の都議会議員が代表質問をしたら、識者に笑われる。火曜日の日記では、「笑止千万」と書いた。今回の事案については、都議会に勝ち目はない。      


以前のジョギング日記はこちらから



TOP][NEWS][日記][メルマガ][記事][連載][プロフィール][著作][夢ネットワーク][リンク

(c)浅野史郎・夢ネットワーク mailto:yumenet@asanoshiro.org